急性期のアイシング

 

こたつアスリート接骨院・鍼灸院では

急性期(受傷後から72時間)や、痛みの強いときにアイシングをしています

 

アイシングの効果は

外傷を受けると疼痛、腫脹、炎症、発熱が起きます。

これは、血液の循環が阻害され、循環障害や内出血が起きている証拠なので

そのままにしておくと正常な組織まで悪くなってしまう恐れがあるので

その反応を最小限に抑えるためにアイシングをします

 

スポーツをされている方はクールダウンをしっかりとしましょう。

(トレーニングで傷ついたごく微細な炎症を冷ますといった作用があり、疲労回復や筋肉痛の軽減に効果を発揮!)

 

今日も沢山の患者様にご来院頂けました

明日は土曜日なので12時30までです

 

明日も元気に笑顔で患者様をお迎え致します!


Copyright© 2017 – ‘2019’ kotatsu-athlete All Rights Reserved.