鍼灸治療


頭痛、めまいなど自律神経系の症状でお悩みの方 鍼灸診療で改善できることをご存知ですか?

交感神経と副交感神経の働きが正常になっていないと十分な休息をとることができず、ストレスが溜まって頭痛や冷え、不眠などの症状を引き起こします。
このような神経の乱れは、鍼やお灸で直接刺激することによって、自律神経の働きを正常にし、日常の不調を改善することができます。

鍼について

鍼について

こたつアスリート接骨院鍼灸院の使用している鍼は、0.14~0.16ミリの髪の毛と同じくらい細い鍼を使用しております。鍼を打たれたときに感じるのは、痛みではなく、皮膚に何かが触れるような優しい感覚です。
当院では、ディスポーザブル(使い捨て)鍼を使用し、消毒等の衛生管理も行っているのでご安心いただいて治療を受けてください。

お灸について

お灸について

直接肌に「もぐさ」をのせて火をつけるというイメージがあると思います。
お灸は、やけどをさせて治療効果を生むのですが、こたつアスリート接骨院鍼灸院ではできるだけ熱くない治療を心がけています。
煙も少なく、程よい温度のお灸を使用しておりますので、最適な温度で効果的に痛みのある場所に刺激を与えることができます。


鍼灸診療が有効な症状

鍼治療のメカニズム
鍼をもって身体表面の一定部位に、接触または穿刺、刺入し、生体に一定の機械的刺激を与え、それによって起こる効果的な生体反応を利用し、生活機能の変調を矯正し、予防または治療に広く応用する施術です。
血行を促す、痛みを抑える、自律神経に作用して内蔵、血圧、免疫系に働きかけるなどの効果が挙げられます。

・鎮痛系の賦活 ・血行促進 ・体性-内蔵反射 ・体性-自律神経反射 ・免疫系の活性化

灸治療のメカニズム
灸とは直接皮膚の上の一定部位に艾を置いて、それに点火し、生体に温熱的刺激と火傷とを与えて、それにともなって生ずる生体の反応を利用することを目的としたものです。
肩こりなどのほかに、捻挫や足底筋膜炎(足裏の痛み)など、急性期の治療でも患者様の希望によりお灸を行うことがあります。

こんな方にお勧めです。

こんな方にお勧めです。

■ 神経痛(部位はどこでもかまいません)
■ リウマチ
■ 頸腕症候群(首から肩への痛み、ひどい肩こりなど)
■ 五十肩(肩関節の痛み)
■ 腰痛症(ぎっくり腰を含みます)
■ 頚椎捻挫後遺症(ムチウチなど)

使用する用具

当院で使用する用具をご紹介します。

使用する用具


Copyright© 2017 – ‘2019’ kotatsu-athlete All Rights Reserved.