スポーツ診療


頭痛、めまいなど自律神経系の症状でお悩みの方 鍼灸診療で改善できることをご存知ですか?

こたつアスリート接骨院・鍼灸院では、野球やサッカーなどのスポーツでの「スポーツ外傷」、「スポーツ障害」に特化した接骨院・鍼灸院です。
スポーツ障害には、オスグット・シンスプリント・野球肘・テニス肘・肉ばなれなどがありますが、大きく分けて「突発的な原因によるケガ」「繰り返し動作や使い過ぎによる痛み・不調」に分類されます。
当院には、パーソナルトレーナーが在籍しており、スポーツに励んでいる方を応援すべく、スポーツ障害の施術にも力を入れています。

外傷とは

転倒、衝突などの1回の外力により組織が損傷されることを指し、いわゆるケガにあたります。出血や、疼痛、熱感、腫脹、変形など炎症症状が見られます。

障害とは

比較的長期間に繰り返されるなどの運動負荷により生じる筋肉、腱、靭帯、骨、滑膜などの慢性炎症性変化を指します。熱感や腫脹などは軽度ですが、治癒期間は外傷よりも長時間を要することが多いです。


当院にもいるパーソナルトレーナーとは
当院にもいるパーソナルトレーナーとは

対象となるクライアントは、スポーツ選手だけでなく、健康、体力作りを目的とした一般の人、医療的な問題を抱え、リハビリテーションを目的とした人など多岐に渡ります。そのため、個別のアプローチを用いて、クライアントの健康と体力のニーズに関して、評価、動機付け、教育、トレーニングやコンディショニング全般の指導を行う優れた専門的能力をもっています。
トレーニングの知識に加え、医学的、運動生理学的な専門知識とトレーニングの指導技術があり、アスリートだけでなく、年齢・性別・経験を問わず幅広い層に対してトレーニング指導を行います。


各部位の障害・痛みについて

肩

野球の障害の多くは投球動作によって生ずる障害であり、発生箇所は肩甲骨を含めた上肢に集中しています。
具体的にはおもに肩、肘の関節に発生しており、その障害の程度によっては手術を必要とするものも少なくありません。
投球動作によって生じる肩関節の障害を「野球肩」・「野球肘」といいます。


肩の障害

肩の障害

上腕骨近位骨端線離開

肩甲上腕関節を構成する上腕骨の骨端線(成長線)が離開(離れてしまうこと)する障害です。10~15歳の成長期では、骨の成長がまだ終わっていない為、程度をこえた投げ込みなどによって発生します。投球後に痛みが残る場合があり、「リトルリーグショルダー」とも呼ばれます。

肩峰下インピンジメント症候群

肩峰の下面と腱板の間で、肩甲骨が上方へ上がる動きや肩甲上腕関節で上腕骨の軸を中心にした回転運動による衝突(インピンジメント)によって発生する障害です。症状がひどくなると腱板炎、腱板断裂といった悪い段階へ移っていきます。肩関節が緩くても肩甲骨の周りの筋肉が硬い場合でも、肩峰下インピンジメントを生じやすくなります。したがって肩甲骨周囲筋の柔軟性はとくに重要です。

腱板損傷

肩関節と腱板(とくに棘上筋、棘下筋)が上方で衝突することで生じる障害です。
程度をこえた投げ込みなどによる投球動作の繰り返しによって発生します。

スラップ病変

関節唇の前上方に生じる障害で関節唇周辺に引っ張られる力と上腕二頭筋長頭腱に交差する力が加わることで生じる障害です。投手によく発生しますが、なかでも全力投球タイプの投手に多く見られます。

ベネット病変

程度をこえた投球動作の繰り返しによって上腕三頭筋長頭腱に張力が働き肩関節後方の関節包や関節唇に引っ張られる力が働いて骨が変形してしまう障害です。この骨の変形(骨棘形成)が投球障害の原因になります。

肩甲上神経障害

肩甲上神経が締め付けられる障害です。神経が締め付けられる為、痛み、シビレ感があるまま、投球を続けると棘上筋、棘下筋に麻痺が生じることがあります。

肩関節の痛み

上腕二頭筋長頭腱炎

上腕二頭筋長頭腱は肩関節運動時に結節間溝内を滑動し、上腕骨頭を関節窩に対して固定し、安定化する働きがあります。野球、バレーボール、テニス、水泳などオーバーハンドでの動作を行なう競技では、この結節間溝に痛みが発生する(肩前方の痛み)ことは多いです。

腱板炎(インピンジメント症候群)

筋疲労による筋膜炎や筋付着部炎などが腱板を構成している筋に生じ、痛みと運動制限が生じた状態を指します。特に棘上筋腱が烏口肩峰アーチを通過する部分でストレスを受けやすく炎症が出現したり、腱板の変性を助長させたりすることが多いです。投球やサーブ、水泳など、オーバーヘッドでの動作により受傷することが多いです。


治療
過労が原因である場合にはアイシングなどの処置と、安静や電気治療などにより炎症を取り除きます。フォームに原因がある場合には、障害の起こりにくいフォームに修正する必要があります。そのために肩周りの筋緊張の緩和や筋力強化などを行います。

治療
運動後のアイシング、痛みが強い場合は運動を制限して炎症を抑えます。腱板を構成する肩のインナーマッスルに対して電気治療やマッサージ、ストレッチなどを行ないます。痛みが引いたら、インナーマッスルをトレーニングすることも再発防止につながります。


肘

野球の障害の多くは投球動作によって生ずる障害であり、発生箇所は肩甲骨を含めた上肢に集中しています。
具体的にはおもに肩、肘の関節に発生しており、その障害の程度によっては手術を必要とするものも少なくありません。
投球動作によって生じる肩関節の障害を「野球肩」・「野球肘」といいます。


肘の障害

肩の障害

野球肘

肘の内側には引っ張る力が、外側には圧迫する力が働きます。子供の肘関節は、投球によるストレスが繰り返し加わることにより、内側では筋肉や靭帯の付着している軟骨・骨・靭帯自体が引き裂かれてしまうケガが、外側では関節内の軟骨や骨が壊れてしまうケガが発生します。
これが『野球肘』です。


治療
押した時の痛み(圧痛)・運動時(投球時)の痛み・運動後(投球後)の痛みなどがあります。痛みの治療としては、レーザー治療・SSP治療・はり治療などの理学療法と、安静・固定が必要です。約3週間が経過したら、症状を診ながらフォームチェックをし、再発しないよう痛みの出ない投球方法を指導します。これが重要なポイントになります。

離断性骨軟骨炎

投球動作の繰り返しの負荷によって、骨軟骨損傷を起こした障害です。10~15歳の成長期には肘関節に成長軟骨があり、外側内側に骨端線(成長線)があります。骨端の関節軟骨は引っ張られる力や強い圧迫や引きちぎられるような力に対して弱く、投球が多すぎるとこの障害を生じやすくなります。

内上顆骨端線離開

手関節を手前に曲げた時や物を強く握ったとき、肘関節の内側には強い牽引力と外反力によって肘の内側の骨がはがれてしまう障害です。リトルリーグが肘と呼ばれ当院でももっとも多い症例です。

内側側副靭帯損傷

過度に投球動作を繰り返したり、正しく安定したフォームで投げていなかったりすることにより、肘関節には外反ストレスが繰り返しかかります。
その結果、内側側副靭帯の牽引力が作用して、内側側副靭帯の付着部で剥離骨折を起こすこともあります。

回内・屈筋群筋筋膜炎 上腕骨内膜炎

肘の内側の筋肉が投げすぎると筋筋膜に炎症や変性による小さな断裂が生じて、肘の内側に痛みが出る障害です。

肘頭骨端線離開

投球動作における上腕三頭筋の収縮の繰り返しにより、肘頭骨端線部分に離開を生じる障害です。
成長期の子供に多く発生します。

肘頭骨端炎

投球動作で肘頭の上腕三頭筋の付着部に痛みと同じ箇所に圧痛が見られます。程度を越えた投球の繰り返しによって小さな骨折や分離などが引き起こされるのが原因です。

肘関節の痛み

肘関節の痛み

テニス肘(外側上顆炎)

よく外側上顆炎と同義語で用いられる言葉です。繰り返す手関節の背屈運動やボールインパクトの衝撃などで、上腕骨外側上顆に付着している手根伸筋群の微細断裂が発端となって発症します。
外側上顆炎の場合にはバックハンドテニス肘、内側上顆炎の場合にはフォアハンドテニス肘と分類されます。テニスを行なっていなくても、手作業が多い主婦などの方でも発症することがあります。


治療
局所の安静が原則となります。前腕筋群の疲労が原因となるので、マッサージや電気治療、超音波治療などを行ないます。競技を続ける場合にはプレー前後のストレッチ、テニス肘バンドの使用、プレー後のアイシングなどを行なうことも必要です。フォームの問題として、いわゆる「手打ち」の場合は肘への負担が大きくなります。肘の負担を減らすためには、下肢からの力を上手くラケットに伝えることが大切です。
下肢→体幹→上肢(肩→肘→手首)→ラケット、の力の伝達(動きの連動性)を習得し、効率的なフォームを身につけることが傷害予防につながります。

手関節

手・指関節は、生活の中で最も多く使う関節であるだけに一度痛みが発症してしまうと、今まで普通にできていたことが突然できなくなるような機能障害はもちろん、精神的にも大きなストレスを感じてしまいます。
症状によっては治療期間が長期になってしまったり、痛みが残存してしまうすもありますので、手・指の痛み、関節痛を少しでも感じられた場合は、なるべく早期の受診をお勧めいたします。


TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)

スポーツ中に手をついて発症することが多いです。他にも手関節(手首)を捻るような負荷が加わったときや、テニスなどのラケットスポーツで繰り返される手関節の負荷から発症することもあります。TFCCは手関節尺側部において靭帯や関節円板で構成されており、手関節の尺側支持機構として重要な役割を果たしています。手関節には細かな骨がたくさんあり、その骨間での緩衝作用や運動時に安定した動きとなるように働いています。

治療
治療は電気治療やレーザー治療などの理学療法を行ないます。基本的には手関節を動かさないように安静を保つことが大切です。スポーツなどを行なった場合、プレー後にアイシングを行ないます。

手関節

マレットフィンガー(槌指 突き指)

ボールなどが指先に当たって指先の関節(DIP関節=いわゆる第一関節)が伸ばせないというものです。
放置すれば指先が曲がって伸びなくなることもあります。「突き指をしたから指が太くなった」、「指が曲がった」などの経験があるかもしれませんが、それは骨折が曲がってくっついた可能性もあります。突き指だから大丈夫と思い込まずに、医療機関への受診をお勧めします。特に子どもの突き指による骨折は多いです。


治療
副子を使って長期の固定が必要です。当院では固定の他に疼痛除去のため、低周波治療、SSP、レーザー治療などを行なっています。

腰

骨折や腰椎に異常があり起こる腰痛の場合は、X線検査もしくは、MRI検査などで、原因が分かりますが、ねん挫や筋肉の損傷は画像では分かりません。
外傷を負った時の状況の把握も大切です。


腰椎分離症

簡単に言うと腰(腰椎)の疲労骨折です。小・中学生の腰痛の原因としてまず心配されるのが腰椎分離症です。原因は発育期の過度なスポーツ活動によるものがほとんどです。腰椎椎間関節部に疲労骨折を起こし、腰の痛みや場合によっては下肢にしびれや筋力低下などの症状が出現します。

治療
スポーツ活動の中止と、コルセット装着によって腰部の安静を図ります。他に、温熱療法や電気治療、マッサージなどで腰部の筋緊張緩和と分離部周辺の循環改善などにより、痛みを軽減ないし消失させることができます。期間は症状により異なりますが、骨癒合のためには数ヶ月の時間を要します。

股関節

骨格の形成がまだ成長段階の子供達、特に体を支える土台となる腰や股関節を痛めると、完治までちょっと時間がかかり、また腕や足首といった四肢の部分ではないので、運動制限もかなりでます。
痛みを放置するのではなく、まずはきちんと診察を受けましょう。


股関節

鼠径部痛症候群(グロインペイン症候群)

鼠頚部周辺に原因がよくわからないが痛みがあるものの総称です。
『股関節周辺に痛みの原因となる器質的疾患がなく、体幹から下肢の可動性・安定性・協調性に問題を生じた結果、骨盤周囲の機能不全に陥り、運動時に鼠径部周辺に痛みを起こす症候群』と定義されています。明らかな器質的疾患が見出せない鼠径周辺部痛を指し、恥骨下枝疲労骨折やスポーツヘルニアとは診断されないもので、手術をせずに保存的に治療するものです。腰痛、打撲、足関節捻挫などが痛みを誘引することがあります。走っているときやキック時などに痛みが出現します。


治療
グロインペイン症候群については、医療機関への受診をお勧めします。
可動性(体幹~股関節周辺の可動域制限、拘縮の有無)、安定性(筋力低下の部位)、協調性(体幹~下肢の協調性不良の有無)を評価し、それぞれを改善するための治療を行ないます。可動性、安定性、協調性を損ねている原因を把握し、マッサージやトレーニングなどのリハビリによってそれぞれを改善します。

大腿部

膝を曲げる時に使う強靭な筋肉で、太ももの後面にあり骨盤の坐骨結節から始まり股関節・膝関節をまたいで下腿の骨(腓骨)に付いていて、長頭と短頭の2つに別れています。太ももの後面にはもう二つの筋肉があります。
ランニングや自転車・スキー・スケートなどの急激な筋肉の伸ばす動作の多いスポーツ競技において損傷する場合があります。


ハムストリングス肉離れ

ももの裏側にある筋肉で、内側の半腱様筋・半膜様筋と外側の大腿二頭筋を合わせた総称です。ハムストリングスは身体の中で最も損傷しやすい筋で、肉離れ(筋損傷)も起こしやすい部位として知られています。

治療
急性期(受傷直後)は、アイシングと固定を行ないます。特に受傷後48時間までは徹底して行ない、どうしても歩かなければならない場合などでは松葉杖などを使用してできる限り患部に負荷をかけないようにします。48時間以降は、損傷部の修復を早めるためにアイシングから温熱療法に切り替え、痛み(自発痛、圧痛、動作時痛、ストレッチ痛、抵抗運動痛)を診ながら電気治療やストレッチ、マッサージなどを行ないます。固定も徐々に外していきます。
肉離れは再発が多い外傷です。再発は柔軟性の不足が大きな原因とされているので、治療の中でもストレッチは重要です。ただし、ストレッチは受傷直後には行いません。ストレッチ時の痛みがなくなって伸張感が得られるようになってから行います。また筋肉を損傷した分、筋力が低下しているので筋力トレーニングを行なう必要がありますが、肉離れの程度により段階を踏んで徐々に強度を上げていくようにします。いきなりの競技復帰では、再発リスクがさらに高くなってしまいます。

膝

運動やスポーツ活動中にケガをする箇所で、統計上最も多いのが「下半身」で、更にその中でも「足の関節や膝」が最多で、かつ重症になりやすい傾向があります。
「走る」、「ダッシュ」、「跳ぶ」、「着地」、「急停止」、「切り返し・方向転換」など、スポーツの基本動作には膝の働きが欠かせません。膝にひねりや大きな衝撃を加える動作が多く、とても大きな負荷がかかります。


膝

オスグッド・シュラッター病

小学校高学年から中学生(特に11~13歳位)の発育期に多く見られる膝の痛みで、俗に成長痛と言われているものです。
サッカーの他にバレーボールやバスケットボールなどジャンプ動作の多い種目でもよく見られます。
ももの筋肉(大腿四頭筋)が膝の骨(脛骨)を引っ張ることで炎症を起こすものと考えられています。


治療
痛みを起こす動作の制限、運動後のアイシング、ストレッチなどを行います。大腿四頭筋を中心にストレッチや電気治療などの理学療法を行います。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)

大腿四頭筋などの膝伸展機構への繰り返しのストレスによる、腱付着部での微細損傷の繰り返しにより起こると考えられています。バレーボールなどのジャンプ系のスポーツや、急激なストップ・方向転換を行なうバスケット、サッカーなどの競技でよく見られます。

治療
軽度であれば運動前のウォーミングアップとストレッチ、運動後のアイシングの徹底により、運動を中止することはありません。しかし、症状が強ければ運動量や強度の制限を行ないます。また温熱療法や超音波治療の他にテーピング、サポーターなどで膝蓋腱を圧迫して治療を促進させるなどします。満足のいく競技レベルを保つことが困難なくらいに痛みが強い場合には運動を中止して治療に専念する必要があります。

靭帯損傷

膝関節の主要な靭帯は前十字靭帯、後十字靭帯、内側側副靭帯、外側側副靭帯の4つですが、単独損傷はまれで、複数の靭帯や関節包、半月板など関節構成体の複合損傷となることが多いです。靭帯損傷は膝の安定性を大きく損なうため、様々なスポーツにおいて活動制限が顕著になります。

治療
受傷直後ではアイシングを行ない、患部を固定します。期間は重症度により異なりますが、固定して局所の安静を図ります。靭帯損傷では競技復帰の前にリハビリが必要です。損傷の程度や部位によって異なりますが、例えば手術をした場合には復帰までに7~9ヶ月程度の時間が必要です。まず膝の固定を行なった後、関節可動域訓練、大腿四頭筋・ハムストリングスを中心とした筋力トレーニングを行ない、健側との差がなくなってきたらジョギング→ランニングというように段々と負荷を強めていきます。

下腿部

下腿部の筋を痛めてしまうと、その筋肉を使う動作や引っ張られる動作で痛みが発生します。
スポーツが盛んな今、下腿・足部の傷害は多く、その早期発見・早期治療の必要性は年々増しています。


シンスプリント

反復する運動によって脛骨(すね)の特に内側に痛みが起こるもので、脛骨過労性骨膜炎とも言います。症状がひどい場合には疲労骨折の場合もあります。ヒラメ筋、後脛骨筋、長趾屈筋などの疲労が原因と考えられます。

治療
痛みがあるときには運動の中止、アイシングを行ないます。運動を中止している期間には温熱療法や電気治療、マッサージ、ストレッチなどを行ない、筋緊張や炎症を抑え、痛みを取り除きます。痛みが落ち着いてきたらふくらはぎや足部(足裏)のトレーニングを行います(カーフレイズ、タオルギャザーなど)。また、ふくらはぎのストレッチは運動再開後も入念に行なう必要があります。

足関節

足関節・下腿は、捻挫や疲労骨折などの傷害が多くスポーツにおいては外傷性の骨折だけでなくストレス性疲労骨折が多く発生し、特に中足骨、脛骨、腓骨などによく起こります。
また「距骨離断性骨軟骨炎」「腓骨筋腱脱臼」といった傷害は捻挫と間違えられることがあるため注意が必要です。


足関節内反捻挫

捻るなどして関節の動きが正常範囲を越えることによって起こる靭帯や関節包の損傷です。足関節(足首)の捻挫は非常に多く見られますが、重症度があまり高くないことが多いため、不適切な治療や放置されることも多い怪我です。その結果、再発や長期間にわたる痛みや関節の不安定感につながり、競技に支障を起こしやすい怪我となることが多いです。

治療
初期治療が大切で、基本的にはアイシングと受傷部位の安静が必要となります。受傷後、冷却は出来るだけ早くから開始し、24~48時間程度行なう必要があります(アイシングの方法は後述)。受傷部位の安静は包帯により、重症であればギプス固定で行います。腫れや痛みなどが引いた後にも、捻挫の程度によってはリハビリが必要な場合があります。具体的には足関節周囲の筋力トレーニングを行います。痛みが長期間続いたり、関節の不安定感がある場合にもリハビリが必要です。筋緊張がある場合には電気療法やマッサージを行ない、足関節周囲のトレーニング、バランストレーニングなどを行います。テーピングやサポーターなどももちろん有効でスポーツ活動時には勧められますが、最終的には何も使わなくても活動できるようになることが理想的です。

足部

スポーツ外傷の中で最も多いケガの一つです。足部の「内側ひねり」による内反(ないはん)捻挫と、足部の「外側ひねり」による外反(がいはん)捻挫があります。
また、サッカー足といった障害もあります。


足部

サッカー足(footballer’s ankle 衝突性外骨腫)

足関節背屈時の足関節前縁部衝突などの刺激や、底屈時に生じる関節包による牽引などが原因となり、足関節部に疼痛や不安定性、可動域制限などが出現します。サッカーの他にバスケットボール選手などでも見られます。外骨腫とは足関節の過度の底背屈や回旋により、距骨と衝突したり擦れたりして生ずる骨棘のことで、前・後・側方いずれにも生じます。運動時痛や前方のものでは背屈制限を主訴とすることが多いです。


治療
サポーターやテーピングなどで疼痛緩和を図れます。また、足関節不安定性が基盤にある場合も多いため、足関節捻挫を確実に治療することが予防となります。

疼痛性外脛骨症

足の内側が痛みます。足は過剰骨といって通常では見られない骨が多く見られることで知られています。その中でも特に出現頻度の高いものが外脛骨(副舟状骨)です。外脛骨自体は病的なものではありませんが、運動による負荷や外傷などが契機となって足の内側(内果の前下方)に痛みが出現することがあります。スポーツ活動が盛んになり、足への負荷が大きくなる成長期に多く見られます。多くは安静によって軽快しますが、運動量が増えると痛みも強くなりスポーツ障害となったり、また扁平足の合併も多いため治療が必要です。治療は、電気治療、レーザー治療などのほかに、後脛骨筋腱への負荷が原因といわれているので、足部のトレーニング(タオルギャザーなど)やストレッチなどを行います。

踵骨骨端症(かかとの痛み)

成長期において、骨端線の閉鎖前に踵骨隆起(かかと)部の骨端が炎症を起こして痛みの原因となるもので小学生を中心に見られます。かかとの痛みを訴え、ときに腫脹が見られます。

治療
足底板などが効果的です。当院では痛みと炎症を抑えるレーザー治療などを行ないます。運動量を少なくするとよく、早いと1~2ヶ月、長くとも半年ほどで治癒します。


Copyright© 2017 – ‘2019’ kotatsu-athlete All Rights Reserved.